ブリ(ハマチ)の料理とレシピ

このページではブリ、ハマチ、ツバスの料理とレシピを紹介していきます。

胃袋のポン酢和え

ハマチとサゴシの胃袋のポン酢和え

食感を楽しむ料理。酒のアテには最高。サゴシの胃袋も食べてみたが、ハマチの胃袋の方が美味しい。

胃袋を取り出す
ベイトフィッシュが大量に詰まったハマチの胃袋

食道に繋がっている一番大きな袋で、小魚が入っていることも多いので、どれが胃袋か見たらすぐに分かる。

この時の内容物は主に10 cmほどのカタクチイワシ
切り開いて洗浄する
切り開いて洗浄した胃袋。上がサゴシの胃袋、下がハマチの胃袋

ハサミか包丁で胃袋を切り開き、内容物を取り出したら、中のシワを伸ばすようにして包丁のかかとを使ってしごくように汚れを落とす。

茹でる

30秒ほど湯がく。色が変わってクルッと丸まればOK。なにかが不安なら、気が済むまで茹でればいい。

胃液がじんわり出ているのか、洗っても洗っても妙なヌルツキが完全に取れることはなかったので途中で諦めて茹でたが、加熱後はヌメリは全く気にならなかった。

冷水に浸す

冷製で食べるので、しっかりと氷水で冷やす。

茹でた胃袋。下がサゴシ、上がハマチ
細切りにする

5 mm幅くらいで細切りにする。

盛り付け

刻みネギとポン酢で和えて七味を振る。ちょっとしか取れないので、1人前にはハマチ3匹分の胃袋がほしいところ。

心臓のアルミホイル焼き

ハマチの心臓のアルミホイル焼き
心臓を取り出す

捌いた時に心臓を取り出す。白いスポイトのようになっている部分も一緒に取り出す。

ハマチの心臓の位置
流水で洗浄する

優しく揉むと、中から血がじんわりと出てくるので出なくなるまで流水でゆすぎながらもみ洗いする。

日本酒に浸して臭みを取る

日本酒に浸けてから軽く揉み、10分ほど置く。

オーブントースターで焼く

アルミホイルの上に乗せ、酒、醤油、七味などをかけてオーブントースターか魚焼きグリル等で焦げ目がつくまで焼く。

炙り

ハマチはお刺身で食すことが多いが、生の味に飽きてきたらガスバーナーを使って炙りにしたりして、味に変化をつける。

ハマチの炙り(雌節)
新富士バーナー パワートーチ RZ-820S
新富士バーナー パワートーチ RZ-820S