ワールドシャウラの人気ランキングと売上数(シマノのロッド)

シマノのワールドシャウラはどれが1番売れていて人気があるのか。村田基さんの動画で数字が出ていたのでメモがてらの記事とします。

村田基「ワールドシャウラ9年で6000本売った」

2018年4月27日に公開されていたライブ映像で、村田基さんが「うちの潮来つり具センターだけでワールドシャウラ9年で6000本売った」と公言していました。(エグい)

番手にもよりますけど、ワールドシャウラって1本5万円~6万円するんですよ。ってことは、6万円*6000本=3億円~3億6000万円くらいですね。年平均で3500万円~4000万円。すごいですねー。

型番別の売上本数(潮来つり具センター)

村田さんによると、2009年から2017年までの9年間で1652Rが1番売れていて、売上本数は724本。他の番手だと大体100本~200本くらいで、これは2◯◯◯で始まるスピニングロッドも含めて、他の番手の3倍から5倍くらい、ダントツで売れています。

この傾向はこの店だからってことじゃなくて、全国でほぼ一様だと言えるのではないでしょうか。

ワールドシャウラの売上本数(潮来つり具センター、2009年-2017年)
順位 型番 売上本数
1位 1652R 724本
2位 1703R 420本
3位 1701FF 322本
4位 1702R 286本
5位 1754R 229本
6位 1510-1F 225本

1652Rや1703Rはバスフィッシングでも使えるだけなく、海のロックフィッシュゲームでも使えるし人気なんでしょうか。この長さなら船釣りでも使える長さなので、汎用性も高いですからね。手返しの良さを考えたら一番ラクな長さかもしれません。

関連記事