ロッドのフィートとインチの話(みんな勘違いしてる)

2019/11/07

フィートやインチは釣り竿の長さの単位としてよく使われていますが、この単位を正しく理解していない人もいるようなので詳しく書きます。

何インチ=1フィート?

まず根本的なところとして、10インチ=1フィートだと勘違いしている人がいるのが1つ。実際には12インチ=1フィート(12進数)です

インチ

inch(単数形), inches(複数形)。「in」や「 」などで表記する場合もある。12インチは1フィート。

フィート

foot(単数形), feet(複数形)。 「 ft」や「 」などで表記する場合もある。3フィートは1ヤード。

インチ、フィート、ヤードの関係
インチ フィート ヤード メートル
36 3 1ヤード 91.44センチメートル
12 1 1/3ヤード 30.48センチメートル
1 1/12 1/36ヤード 2.54センチメートル

10進数と12進数の表記

  • 6.5フィート
  • 6フィート5インチ

この2つが違う長さだということは分かりますか?「6.5フィート=6フィート6インチ」です。6フィート5インチとは1インチの誤差があります。それは上で紹介した通り、インチは12進数だからです。

メーカーによるのかもしれませんが、釣具、特にロッドにおいて8.9 ftとか6.4 ftのように表記される場合、大抵は8 ft 9 inや6 ft 4 inを意味します。
これは10進数での8.9 ftや6.4 ftと同じではありません。ロッド表記上では、1.1→1.2→→→1.9→2.0じゃなくて、1.1→1.2→1.3→→→1.8→1.9→1.10→1.11→2.0なんです。

でも通常(釣り業界ではなく社会通念上)では、小数点以下の数字は1フィートを10分割したものとして扱われます

そもそも、8フィート9インチを8.9 ftと表記することが間違いで、本来であれば8 9 と表記するべきなんですけど、その違いを曖昧にしたまま同じものだと混同して使っている人が多いように見受けられます。

例えば、メーカーの公式ページでは862(8フィート6インチ2ピースロッド=2.59.08 cm)と表記されているのに、Amazonなどのネットショップではこれを10進法に誤って読み替えて8.6フィート(2.62 m)と表記されている場合があります。3 cmの差があります。両者で違いがある場合、メーカー公式ページのほうが正しいのです。

公式ページではない限りcm表記が併記してあっても正しいとは限りませんので、鵜呑みにはしないようにしましょう。

フィートやインチの計算方法、調べ方

フィートやインチをメートルに換算するには上で紹介した表を参考にしてもらってもいいですが、いまどきGoogle検索ですぐに出てきます。2つの検索方法で違う結果が出ているのが分かりますか?Googleの検索結果数の違いでも分かる通り、10進法表記は通常はしません。

これはもっと身近な日常生活にも存在します。
例えば1.5時間といえば、誰もが1時間50分ではなく1時間30分を思い浮かべます。それは、時計が60進数だから1時間+60分*1/2だと無意識に理解しているからです。8.9フィートも社会通念上では8フィート+12インチ*9/10なんです。(Google検索結果

具体例

ロッドの表記とフィート、インチの関係
表記 フィート+インチ換算 フィート換算 メートル換算
6.5 6フィート6インチ 6+5/10 1.9812メートル
6 5 6フィート5インチ 6+5/12 1.9558メートル
8.9 8フィート10.8インチ 8+9/10 2.71272メートル
8 9 8フィート9インチ 8+9/12 2.667メートル

釣り竿程度の長さであれば、5 cm程度の差なので大した問題ではありません。誤差が小さいからこそ、気づかなかったり勘違いをしている人がいるのだとも思います。

メーカーごとの違い

シマノ

シマノの表記はちょっと複雑なので注意が必要。なぜかというと、方式が混在しているからです。

インチ、フィート、ヤードの関係
表記 フィート+インチ換算 フィート換算 メートル換算
65(10進数、例:1652R) 6フィート5インチ 6+5/12 1.96メートル(1.9558)
65(12進数、例:1652R) 6フィート6インチ 6+6/12 1.98メートル(1.9812)
67(例:267ML) 6フィート7インチ 6+7/12 2.01メートル(2.0066)
610(例:2610ML) 6フィート10インチ 6+10/12 2.08メートル(2.0828)
65(6.5フィート、ロクハン)

シマノのロッドでは65に2つの意味があり、ロッドのシリーズによって長さが違う

1つはフィート表記。6フィート6インチのこと。
あまり聞かないが、もし65を「ロクハン=6半」と呼ぶなら6フィート6インチのことだと認識すべき。

例えばスコーピオンワールドシャウラなどの66が存在しないシリーズでの65は6フィート6インチを意味する

65(6フィート5インチ、ロクゴー)

フィート+インチ表記。6フィート5インチのこと。

例えば、65と66の両方の長さが用意されているシリーズ(バンタムなど)では65は6フィート5インチを意味し、66は6フィート6インチを意味する。

67(ロクナナ)

フィート+インチ表記。6フィート7インチのこと。

610(ロクテン)

フィート+インチ表記。6フィート10インチのこと。これは7.0フィートではない。(7.0フィート=6フィート12インチ)

混在する理由として考えられる経緯

これは私の勝手な推測です。

後世での6フィート5インチの登場

昔は6フィート5インチなんて作りつもりがなかったから65をフィート扱いしてたものの、後世になってから5インチものを作ったら66(=旧来の65)と表記が被ってしまった。だから混在しているのではないか。

もしこの仮定が正しければ、今後の6.5フィートは66と表記されるようになるかもしれない。

プロジェクトグループごとに65の定義が違う

あるいはロッドのシリーズごとにプロジェクトチームが違い、チームごとに65の定義が違う。(でも可能性としてはかなり低い。)

ウェブページ製作者の誤認識

あるいは、実際は全部65=6フィート5インチなのに、ウェブページ製作者がインチを10進法で誤認識しているとか?(これを確かめるには全部のロッドを実際に計測しなければなりませんが、これもやはりちょっと考えにくい。)

どれなんやろ・・・うーん・・・謎。

ダイワ、その他のメーカー

ダイワの場合は65と言えば6フィート5インチを意味します。全部調べたわけじゃないですけど、ざっと見た限りでは見当たらないので、そのはずです。

というよりも、ダイワに限らずほとんどのメーカーはフィート+インチ表記で、シマノの表記が特殊なだけなんですよね。

注意!ロッドケース、トランクケースではシビアになる

実際の釣り場では数 cmの差なんて気づかないので、釣行には問題がないかもしれません。でもロッドケースやトランクケース、収納などに納まるか事前に検討したいとき、この数字を読み誤ると「買ったけど入らなかった」なんて思わぬ失敗をすることもありますから、些細なことですけどこういう細かいところをキッチリ押さえておきたいものですね。

関連記事