レンチ工具をメタルジグ替わりにカンパチを釣る!?

2015/11/18

一般的には、青物を釣るためにはメタルジグを使用しますが、メタルジグの替わりに工具のスパナー(レンチ)を使ったらどうなる?という面白い動画があったのでご紹介します。

ルアーのスプーンの起源というか逸話は有名ですよね。
船上で食事をしているとき、食器のスプーンをうっかり水中に落としてしまったところ、水底へヒラヒラと落ちていくスプーンに魚が興味を示していたことをヒントにして作られたとかいう話。
まぁ本当だったかどうかは別として。

じゃあ、ボルトやナットを回すために工具として用いられているレンチを海中に落としたらどうなるのか。
使用しているレンチは、レンチの両端に同一サイズのめがねレンチとスパナが付いているコンビネーションレンチと呼ばれるもの。

カンパチジキング スパナで一発

スレ掛かりではあるものの、一投で見事にカンパチ(高知県:ネイリ)をゲット!

普通のメタルジグに比べてボトム着底までに時間が掛かることが短所とのことですが、レンチで釣れたら市販のメタルジグにない喜びを感じることができるそうです。

下の動画では小さめのレンチで大きな鯖を釣っています。

相模湾・浅8丸ウルトラライトジギング♪♪

これで釣れたら確かに面白そう!
それと同時に、いつもジグの形状・種類・色にあれこれ思案してる自分が虚しくも思えちゃう・・・っていうか逆に、もっと気楽にやればいいってことなのかな。