ReefTourer(リーフツアラー) ブーツのインプレッション

2016/03/03

磯や岩場で釣りしたり、ついでにウォータースポーツ、マリンレジャー、川遊びでも使える靴が欲しいと思い、amazonで「ReefTourer(リーフツアラー) ブーツ」を買ってみました。本格的な磯靴だと他の用途に使えないと考えたのです。
そのインプレッションです。

小さめを試してみたら窮屈だった

reefTourer (1)-s

私が普段履いている靴のサイズは27.5 cm~28 cm(フレンチサイズで42.5~43)くらい。
レビューでは小さいサイズがいいとの意見が大勢を占めていたので27 cm買ってみたのですが、これが小さい!(ハメられた!)

まず箱を開けて実物の大きさを見た瞬間に「あれ、これは入らないのでは」と一抹の不安・・・。
一応入るのは入りました。それから、靴全体が非常に柔らかいので痛くもないです。ソール以外は靴下のように柔らかくて融通が利くので、履いた瞬間は「ジャストフィット!」という感じに近いですが、いざ体重を掛けると靴の形も崩れてしまい、長時間の使用となると窮屈です。

私の足は横幅が広くて3Eくらいあり、コンバースみたいな細身の靴はとてもではありませんが履けません。また親指が一番長い形です。
一方、リーフツアラーはほぼ真ん中が一番長い形状なので厳しいサイズ選択をすると、親指が窮屈になります。

ちなみに購入時の価格は¥ 1,953でした。

全景と履いた時の様子
reefTourer (16)-s reefTourer (17)-s reefTourer (18)-s reefTourer (19)-s reefTourer (15)-s reefTourer (13)-s reefTourer (20)-s

アッパーに指の形が浮き上がるほど圧迫されていて窮屈。

内側(ライニングは無く外側と同じ素材)
reefTourer (9)-s reefTourer (11)-s reefTourer (3)-s
靴底、かかと
reefTourer (24)-s reefTourer (23)-s

かかとがラバー製なので、サイズの融通が利きます。
また、フィンを履いた時にかかとを傷めないの仕様がいいなと思いました。

釣りではなく、水辺で遊ぶならサンダルよりも断然安全だと思うので、お子さんにはもってこいだと思います。

amazonレビューの内容

普段の靴より小さめのサイズを推奨する意見
  • 自分の足のサイズは25.5cm~26cmでしたが、大きいと足首から砂等が入り痛くなるときいて、25cmを購入しました。するとぴったりフィット。

  • いつも22・5〜23を履いているので23センチを買いましたが少し大きめです。

  • いつもは23.5㎝でレビューを見て23㎝を購入しました。サイズはピッタリ!!

  • 普段は25.5cmの靴を履いていますが一回り大きい方がいいというレビューを見て26cmにしましたが、ぴったりでした。

  • 普段22.5を履いていますが、そのままのサイズだと大き過ぎて、足首のゴム口に余裕ができてしまい、大きめの砂利が入ってきてしまいました。普段のサイズより小さめがお勧めです。

  • 普段25.5cmの靴を履いていますが、25を購入。 それでも少し大き目でした

普段の靴と同サイズを推奨する意見
  • 普段の靴は26か26.5をはいています。私は親指が一番長い足形をしているため、買う靴の足先の形でサイズが変わってしまいます。足幅も3E以上です。
    他の方のレビューを読んで一回り小さい25にしようかと悩んだのですが、親指のこともあり26にしました。家ではいた感じは異常にきつくも無くゆるくもない感じで、親指にも無理がなくフィットしています。

普段の靴より大きめのサイズを推奨する意見は見られませんでした。これには私も同意見です。

大きめのサイズと小さめのサイズ、どちらを買うべきか

結論としては細身で中指が長い人なら小さめでもちょうどなのかもしれませんが、横幅が広くて親指が長い人は大きめのサイズが無難じゃないかと感じました。
それでもやっぱり小さめのサイズには抵抗があります。「あのレビューは売り手の工作なのでは」と疑っているくらいです。

また、大きめのサイズを買うと小石が入りやすいとかいう懸念は捨てた方がいいです。そもそも、アキレス腱が細い人だとその両サイドの窪みが出来てしまい、そこから小石とか入ってくると思うので。