タグ別アーカイブ: PE

釣り糸(ライン)の種類、特徴の違い

以前、釣り糸に関して号数・強度一覧表を添えて、ちょっとコアな話をしました。 でも、初心者の人にはサッパリだろーなーと思ったので、ビギナーズアングラー向けに釣り糸に関してもう少し簡単なお話をしたいと思います。

続きを読む

FGノットの簡単な結び方(How to tie the FG knot)

ラインとライン、釣り糸同士の結び方の種類は色々ありますが、ここではFGノットだけを分かりやすくまとめます。ネットで動画を探しても、結局どれが正しいのか分からないと思うんです。現に私がそうでした。

FGノットを初めて覚えるときはワケが分からなかった私ですが、その時の体験や不明だった点を思い出し、初心者にも分かりやすいようにこのページで詳しく解説できたらと思います。ネット上にあるFGノットの動画を片っ端から見まくった私なりの現時点での結論です。

これさえ覚えたらPEでの釣りは全然怖くないですし、このページの内容がしっかり把握できれば大体のシーンはカバー出来ると思います。

続きを読む

エアブレイド、0.1号/8.2 lbs.の驚異的な強度を持つ最強PEライン!(値段も最強)

青森県上北郡六ヶ所村に拠点を置く株式会社ビッグオーシャン(BIG OCEAN corporation)が、Fishing Fightersのブランドで「AIR BRAID(エアブレイド)」というPEを2015年3月に発売するとのことなんですが、このPEがめちゃくちゃ強い!

続きを読む

ライン強度と魚のサイズの関係性、魚種別まとめ

このページでは、海水・淡水を問わず、魚種と釣り糸の強度の関係性についてまとめています。魚種、体長、ライン強度の関係一覧表を作ることで、少しでも適正なライン選択の指標になればと思います。

続きを読む

ジギング用アシストフックの自作方法

ショアジギング、ライトショアジギング、オフショアジギング、全てのジギングにおいてアシストフックは重要なアイテムのひとつ。
完成した既製品を使うのもいいですが、アシストフックを自作するのも醍醐味です。
ということで、実際にアシストフックを自作した時の工程や注意点を記しておきます。少しでも参考になれば幸いです。

続きを読む

ショアジギングでアングラーが使ってるタックルまとめ

青物だけではなく色んなターゲットが狙えるショアジギングやライトショアジギングではプロを含めたアングラーの皆さんは一体どんなタックルを使っているのか。
もちろんプロアングラーの人達は商品PRが前提で使用しているんですが、釣り動画で使用しているタックルを備忘録がてら人物別にまとめて蓄積していきたいと思います。

続きを読む

釣り糸の種類別の強度・太さ

釣り糸(Fishing Line)に関して、ナイロンフロロPEなど、釣り糸の素材に関わらず何気なくラインの太さ(号数)や強度(ポンド数)だけを見ている人は多いと思います。
しかし、その考えは改めた方がいいかもしれません。このページでは、釣り糸の種類別の太さ・強度・号数・ポンドの表示一覧表のみならず、釣糸の成り立ちや歴史など生半可な釣り人では知らない釣り糸に関するあれこれを詳しく解説します。
私も最近まで知らなかった事も多く、勉強が足りないなぁと反省しています。(生半可)

続きを読む

初心者も中級者も絶対に覚えておくべき2つのノット

初心者は言わずもがな、中級者の人でもクリンチノット、ダブルクリンチノット、ユニノット・・・色々試すものの結節のすぐ上の部分がどうしても縮れてしまう難点に頭を悩ませる人も多いと思いますが、バスプロの田辺哲男さんが「これさえ覚えておけば大体イケる」という感じで2つのノットをレクチャーしていて、このノットを使えば色々と捗りそうだなーと思ったのでご紹介。

続きを読む