サヨリの寄生虫サヨリヤドリムシに気をつけよう!

サヨリ、美味しいですよね。でもサヨリを釣って食べる時に気をつけたいのがサヨリのエラに棲み着いている寄生虫サヨリヤドリムシです。同じウオノエ科で鯛の口の中に寄生するタイノエとは違い、エラヌシ属に分類されるサヨリヤドリムシは、急流を避けて泳ぐサヨリの幼魚が内湾や漁港内で泳ぐ間に口から入ってエラに棲み着きます。

続きを読む

タチウオの正しい捌き方!背びれはこう取れば良かったのか!

皆さんはタチウオをどのように捌いていますか?特に私は背びれの取り方が分からず、今まで骨が残るような切り方をしてしまっていたので、塩焼き等にした時に小骨がいっぱい出てきて食べるのに苦労していました。
ところが、無駄なし!まかない道場(MAKANAI DOUJYOU)さんがタチウオの背びれの小骨の上手な取り除き方を紹介していて大変タメになりました。

続きを読む

武庫川一文字の釣果情報(2016年10月27日)

2016年10月27日、青物ジギングとワインドタチウオ狙いで武庫川一文字へ行ってきました。武庫川渡船の朝の二番便に乗船して、3番で下船しました。 は防寒着を着用していきました。朝晩は風も強かったので重宝しましたが、日中は快晴に近かったので風が吹いても暑いくらいでした。風速は、朝9時前後はほぼ無風でしたがそれ以外は終始7~10 m/sの北風で、堤防の内側は波立って緑や茶色に酷く濁っていました。

ベイトフィッシュは外側にキビナゴがまちまち、内側にイワシとキビナゴが大量に泳いでいました。前日の情報では内側でタチウオが沢山釣れていたそうですが、向かい風の爆風と水質を見るに釣る気が起こらなかったので今回は外側でしか糸を垂らしませんでした。

続きを読む

岩屋一文字の釣果情報(2016年10月23日)

2016年10月22日と23日に、兵庫県の淡路島にある淡路市岩屋一文字へタチウオと青物とアオリカを狙いに行ってきましたのでその釣果を報告します。 前日の2016年10月22日の18時から岩屋港新一文字の近くでオカッパリでタチウオ狙いのワインドに挑戦しました。すぐに2匹釣れたものの、それからパッタリで、粘っているうちにもう1匹追加しましたが21時過ぎには一旦納竿。睡眠をとってから翌日に岩屋港の沖堤防へ渡ることにしました。

続きを読む

岩屋一文字の釣果情報(2016年10月09日)

2016年10月09日、岩屋一文字の新波止に行ってきた釣果情報です。ターゲットはサワラ、ハマチ、アオリイカ、タチウオです。
今までの1番便に乗ったことがなかったのですが、乗ってみようということで行ってみました。というのも、朝は大雨、風も北からの6~8 m/sは余裕だったのでこんな天気じゃ誰も来ないだろうと高を括っていたですが、3連休とあってか既に恐ろしい行列が出来ていて、仕方なく後ろに並んで豪雨に打たれながら何便か順番を待ってからようやく新一文字へ渡ることができました。そして渡ってみると相変わらずギュウギュウで釣り座が無い!

続きを読む

風速の目安の動画集

釣りにおいて天気の動向はとても重要ですが、その中でも風速はショアキャスティングに於いてとても重要なファクターです。しかし、実際にどれくらいの風が吹いたらどんな感じなのか、実感を掴めてない人は多いのではないでしょうか。私もその一人です。ということで風速の目安となる参考の動画を集めてみました。
釣りに行く前に予報で確認した風速と照らし合わせてみて下さい。

続きを読む

岩屋一文字の釣果情報(2016年10月02日)

2016年10月02日、ジギングとワインドタチウオとエギング狙いで岩屋一文字の新波止へ、私の釣りの師匠と知人の3人で行ってきました。師匠は9月25日にも行っていたらしく、その日はサゴシ多数に80 cm超えのサワラを釣ったとのこと。

に新一文字へ渡ると既に人だらけで釣り座が無い・・・かなり窮屈でした。ワインドも早々に諦めてエギングをしていると、師匠が600 gほどのアオリイカをさっそくヒットさせていました。

続きを読む