神戸沖堤防の青物&タチウオの釣果情報(2017年9月22日)

2017/10/01

に師匠らと神戸沖堤防に行ってきたのでその釣果報告をします。(土日に釣行する方に間に合わない遅報ですみません)
松村渡船さんで、の便に乗りました。

釣り場の状況

釣り場状況
項目 詳細
釣行日 からまで
天気 曇りのち雨
気温 最低気温21.1℃、最高気温22.9℃
北北東の風5-7 m/s(8時の方向からの風)
中潮(満潮、干潮
釣行時間 から
日の出頃の空と海の様子(に撮影)

平日だったので、休日よりかは人が少なくて助かりました。ただ、4時頃に到着した時には既に車が15台ほど駐車場の前で待機していました。みんな早起きやなぁ・・・。

明け方に青物が回遊

5時から6時頃まで青物の回遊が見られました。
ただ、釣果はサゴシ1匹とハマチ1匹だけでした。周りでもこの時間帯にポツポツとサゴシを揚げている方がいました。

50 cmのハマチ(上)とサゴシ(下)

ヒットルアーは共にメタルジグで、ヒットカラーはサゴシが40 gのシルバーのゼブラグロー、ハマチがジグパラ20 gのフルグローです。ロングキャストからのテンションフォール中にミドルレンジでのヒットです。

昼間でもタチウオが釣れた

釣りを開始した5時に、1投目から3投目まで同じ場所で3回連続のバイトがあるも乗らず、30分ほどかかってようやく1匹目のタチウオをキャッチしました。ヒットルアーはジグパラ20 gのフルグロー。(今回はこれしか投げてない)
たっちーのサイズが小さい所為か乗らないこともしばしばありましたが、8月に比べるとだいぶサイズも大きくなってきました。
で、8時くらいまではコンスタントに釣れ続けていましたが、途中からちょっと当たりが減ったので小1時間ほど休憩。

釣りを再開してしばらくすると、堤防から150 m先に小さな釣り船が大集結してきて、同じタイミングでタチウオが連れ出しました。
恐らくあの船団もタチウオ釣りで、本当はもっと堤防際にタチウオが溜まってたけど、堤防の釣り客に遠慮して近づかなかったという可能性もありますね。こちらが釣り上げた際に、船の人がこちらを双眼鏡で覗いていました。

レンジは常にミドルからボトムです。ただベタ底ではありませんでした。

水くみバケツで血抜き中のタチウオ
師匠がタチウオを釣った時の動画

神戸沖堤防でのタチウオヒットシーン(2017年9月22日)

タチウオ ワインド タックルの詳細
タックル 詳細
ロッド シマノ ディアルーナ906ML
リール シマノ ’14ステラ3000HG
メインライン PE0.8号
リーダー フロロ16 lbs.
ファイティングリーダー フロロ30 lbs.
ジグヘッド がまかつ ワインドマスターラウンド Dヘッド(シルバー)
ヒットルアー オンスタックルデザイン マナティーピンテール105 mm

12時の便で帰るべく、合計で30匹ほど釣れたところで納竿としました。
係留所を12時に出発する便は12時30分頃に沖堤防へ来るのですが、船を待つ短い時間でも釣れていました。最近はムコイチや岸和田一文字など大阪湾全般でも調子が良いみたいですね。釣果を伸ばすには、釣れている時に釣れている所へ行くのが最良の方法です。

そういえば9月13日だったか、師匠がルアルアチャンネルの撮影隊とバッティングして、健ちゃんプロこと関根健太プロと河原さゆりちゃんにばったり出くわして久しぶり~なんてお話ができたそう。ポートアイランド沖かな?どこか忘れたけど、10月の半ばに放送するみたいな話をしてた気がする。