shimano-14stella (1)s

シマノ14ステラの次期モデルはいつ出る?2017年?それとも2018年?

つい先日、2016年の11月の半ば頃に2014年モデルである14ステラ4000HGを購入しました。何故こんな時期に買ったか14ステラの次期モデルはいつ出るのかについての考察を併せて記しておきます。
文中では、ノーマルのステラのことをFW、海水用のステラのことをSWと表現していますが、FW(Fresh Water)とSW(Salt Water)の誤読に注意して下さい。

フレッシュウォーターでのブラックバスやトラウトフィッシングなどから遠ざかって以来、最近メインでいっているソルトウォーターフィッシングのメインはエギングとジギングくらいだったんですが、ワインドワームやメタルジグでのタチウオ釣りやジグサビキをやり始めてから4000番台のまともなスピニングリールが欲しくなった為、今回この14ステラを購入したワケです。

なぜ14ステラを2016年末にもなって購入したのか

なぜ2016年末にもなって、2年半も前のモデルである2014年モデルの14ステラの購入に至ったのか。話は少し長くなるのですが、次のようないくつかの理由がありました。最初の2つは、ごく個人的な理由です。

ロッドに対してリールの数が少なかった

そもそも海用のロッドは何本か持ってるのにリールの数が足りていませんでした。海釣りを始めた当初はシマノの2500番のリールをエギングロッドやシーバスロッドに付け替えたり、前に2000円程で購入した廉価なリールを数合わせで使ったりと、なんとも姑息な真似をずるずると続けてきたのですが、さすがに2000円のリールはドラグ性能も酷いのでストレスが溜まります。なぜ趣味でストレスをためなければいけないのか!

既に所有しているスピニングリールが壊れそうだからステラSWに買い替えたい

先日、知人から1年前に購入したダイワのリールヴァデルが、たった1年しか使っていないのにリーリングが出来なくなり、逆回転しか出来なくなる不具合を起こしたとの報告を聞き、彼と同時期にジギング用として買った私のヴァデルも、もしかしたら危ういかもしれない・・・13ステラSWの次のステラSW6000番か8000番にでも買い換えよう。コスパを考えればあと次のステラSWが出るまではヴァデル()笑に頑張って貰って、目先としてはまずはFWの4000番を押さえておくか。と思いました。

そして当分はダイワのリールの購入を控えようとも思いました。ロッドもリールもシマノ一筋もといシマノ派だったはずの私なのに、気でも狂ったのかダイワリールを買った末路がこれです。

まともな価格帯のダイワのスピニングリールを購入したのはこれが初めてだったんですが、何かしらのサプライズでも無い限りダイワのリールは一生買わないでしょう。今となってはもうdisる気満々です。

追記:ちなみに、これを書いた翌月に私のヴァデルも故障を起こしてハンドルの回転の立ち上がり時に大きな抵抗を感じて、簡単には回らなくなるという症状に陥りました。色々試してみたものの改善しないまま、数回釣行を重ねるうちに症状は和らいでいます。

結局、良いものを長く使った方がお得

shimano-14stella (2)s
シマノ14ステラ

ヴァデルって1万5000円くらいはするのに1年で壊れちゃうくらいだったら、ステラを5年10年と使った方がいいやという結論です。
経験上、廉価であってもシマノリールならそこそこの年数保つので、コスパだけで言えば性能もフィーリングもほとんど遜色の無いツインパワーなどを買うほうが圧倒的に経済的ではありますが、やはりステラの所有感というものが存在するのも事実です。
15ツインパワーを買った後に必ず嗚呼、ステラ買っておけばよかったと後悔するのが目に見えました。

村田基曰く、ステラの開発・発売周期が3年毎だったのが4年~5年毎に延びるらしいという話

LureNews.TVの動画で、ジムこと村田基さんが2013年のフィッシングショーで何気なくこんなことを言っています。

いつもの年でしたら淡水用のバージョンが3年周期で変わってきたんですが、今年(2013年)は変えません。
つまりこれからですね、4年、5年周期になってくると考えて頂いていいでしょう。

めちゃくちゃ重要なことをサラっと言っていませんか?
実際、今まで淡水用のステラは3年置きにリリースされてきたなかで、14ステラは10ステラ以来の4年振りのモデルチェンジでした。(歴代ステラはこちらを参照

  • 2001年モデル(SWFWAR
  • 2004年モデル(前回のFWから3年)
  • 2007年モデル(前回のFWから3年)
  • 2008年モデルSW(前回のSWから7年)
  • 2010年モデル(前回のFWから3年)
  • 2013年モデルSW(前回のSWから5年)
  • 2014年モデル(前回のFWから4年)

ジムの言葉をまるまる鵜呑みにすると次のステラFWは2017年ではなく2018年か2019年に出る可能性が高いということになります。

ヴァンキッシュやエクスセンスなど上位機種が細分化された

また、2014年まで歴代のステラはFWSWを一括りとして見れば、必ず3年以内に新作が出ているので、2014年から3年目にあたる2017年は本当に節目なのですが、今までは最上位機種と言えばステラとツインパワーだったのが、近年はヴァンキッシュやエクスセンスといった機種が追加されて上位機種が細分化されてきているため、それぞれをモデルチェンジの目玉とすれば、ステラが5年更新になったとしてもなんら不思議ではありません

またそれに伴い、今後は減価償却期間を長く取るのではないか?との憶測もありますが正にその通りです。

2016年後半になって13ステラSWに6000XGが追加された

更に、2016年後半になってから、2016年11月に13ステラSWの6000XGのラインナップ追加が発表されました。

when-will-next-stella-release-in-2017 (1) when-will-next-stella-release-in-2017 (2)
fishing.shimano.co.jp 2016年11月24日時点でシマノのHPで13ステラSWのページのキャプチャー。6000XGが※2016年11月発売予定として追加されています。

ここにきて13ステラSWのラインナップをわざわざ増やすということは、少なくともあと1年はステラSWを出さない可能性が高くなることに加え、ステラSWのモデルチェンジが5年~7年周期であることを考えれば、13ステラSWの次のステラSWは早くても2018年、遅ければ2019年か2020年になるのではないか?

以上を総合して、超妄想した私の読みはこうです。

  • 13ステラSWの次のSWは2017年には出ないだろう
  • 次のFWが2017年に出る可能性も極めて低く、2018年か2019年に出る可能性が極めて高い
  • 13ステラSWの次のSWは、14ステラの次のFWモデルが出たあとに出るかもしれない(=04ステラ→07ステラ→08ステラSWの時のように、14ステラ→18(19)ステラ→19(20)ステラSWとなるかもしれない)

(予想が外れたらジムのせい)

初期ロットは買いたくない

リリース直後の新作リールには得てして不具合が付き物で、初期ロットは買いたくないまずは人柱を待ってから・・・と思っている人は少なくないはずで、御多分に漏れず私もその一人です。

2017年にニューモデルのステラが出るかどうかを確認してから購入を考える手もなくは無いのですが、仮に大きく目算が外れて2017ステラが出たとしても、毎年2月前後におこなわれるフィッシングショーでお披露目され、4月から5月頃にリリースされ、夏頃から初期ロットで不具合が報告され、修正に半年掛かって・・・となると、購入できるのはどんなに早くても2017年末か2018年以降になります。
とどの詰まりそんなに待ってられないんですよ!!ということで2017年を待たずして14ステラを購入しました。

「シマノ14ステラの次期モデルはいつ出る?2017年?それとも2018年?」への1件のフィードバック

  1. 私は逆にシマノのリールが壊れると思ってます。ステラなんて特に壊れやすいと思っています。逆にダイワのソルティガシリーズは今まで壊れたことがありません。では何故ステラを使うか?やっぱドラグ性能がいいからですねー
    どんなリールにも当たり外れあると思うし、シマノ、ダイワ一長一短だと思いますよ。

コメントを残す

CAPTCHA