岸和田一文字の釣果情報(2016年09月09日)

2016/11/28

大阪湾の岸和田一文字に行ってきたので遅れ馳せながら釣果報告をしておきます。、主にタチウオ・サゴシ狙いです。朝一番4:30の便で渡って釣り開始。いつも通り、日が昇るまではワインドでタチウオを狙うも当たり自体が少なく結局7時頃まで粘るも2人でタチウオ3匹、バラシ1匹、アタリ3回ほど。使ったルアーは5/8 ozジグヘッドにマナティー90 mmのグローカラー等+蛍光のルミカ・ケミホタルです。

大雨直後で水の濁りが強くて激渋

明るくなってきたので水質を確認してみると予想通りの激濁り。そこからはタチウオを諦めてメタルジグで青物を狙うもサッパリ。ところが、隣の方はポツポツとサゴシを釣っていました。話を聞くと、ミノーが表層でエビってイレギュラーアクションを起こしてそれにサゴシが反応していたり、メタルジグでもミドルレンジやボトムでもヒットがあったとのこと。うーん、何が違ったんだろうか。

あとはジグサビキでマサバ、ウルメイワシ、マアジをポツポツと釣りましたが、こちらもイマイチで20匹ほどだったと思います。水の濁りはお昼前から徐々に解消されて、お昼過ぎにはかなり透明度が戻っていました。

タチウオに関しては潮もそこそこ、風も強すぎず弱すぎず丁度いい感じだったので濁りさえなければもっと釣れただろうなーという感じです。実際、前日までここの釣果は悪かったみたいなんですが、この日の夜からまた釣果が復活していたらしいです。半夜も狙ってみたかったのですが、相方がお昼の時点で帰りたいモードに突入していたので昼過ぎでアガリ!

9月7日に四季の釣りが撮影に来ていた

釣行2日前の9月7日にも私の知人がここにきていたのですが、その時、タチウオ狙いの四季の釣りの撮影に出くわしたとのこと。

撮影や釣りを開始する前に伊丹さん初め、プロデューサーさんと率先してお掃除されていたそうで、私が9日に行った時には堤防はゴミがなくとても綺麗になっていました。

7日の帰りの便待ちの間、古参らしきご老人とお話してたらその方がなんかえらい堤防が綺麗やなぁ、他の古参の人らが掃除したんかな・・・・そんなワケないかと仰っていました。
そんなワケないかって・・・(笑)
この日、私も少しばかりゴミ拾いをして帰りましたが、ついでのゴミ拾いとかする人はやっぱり少ないんでしょうか。

その時は撮影班が来ていたことだけは知っていたのですが、翌日になってからネットを漁っていて撮影班がお掃除していたことを知り、道理で綺麗なワケだと思い至りました。四季の釣りをますます応援したくなりました!