natural-tiger-puffer-cuisine (2)

天然トラフグの捌き方とフグ毒の基本知識

立派な天然トラフグの解体動画があまりに見事だったのでご紹介します。
それから、フグにまつわる色々なお話も。

フグを自宅で調理することは食品衛生法などで法律違反なのか

これ、気になる人が結構いるんじゃないでしょうか。

トラフグなどが持つテトロドトキシンやハコフグが持つパフトキシンなど、フグの内臓などには毒が含まれ、その毒性はシアン化カリウム(青酸カリ)の1000倍とも言われており、多くの自治体では初期処理には専門の資格者が当たることが義務付けられています。(ふぐ調理師やふぐ取扱登録者など資格の名称は各自治体によって異なる)
また、処理施設として保健所への届け出が必要なほか、ふぐの内蔵の廃棄処理方法についても各自治体で決まりがあります。

では、釣り人が釣ったフグを自宅で初期処理を施し、個人的に調理して喫食することは法律違反なのか、またその内臓処理は・・・?
ということで色々調べたものの、結論から言いますと「○○法の第何条に抵触する」といった内容は見つけることが出来ませんでした。
食品衛生法第6条第1項第2号には次のようにあります。

食品衛生法 食品衛生法第六条第一項第二号
(昭和二十二年十二月二十四日法律第二百三十三号)
(最終改正:平成二六年六月一三日法律第六九号)

第六条  次に掲げる食品又は添加物は、これを販売し(不特定又は多数の者に授与する販売以外の場合を含む。以下同じ。)、又は販売の用に供するために、採取し、製造し、輸入し、加工し、使用し、調理し、貯蔵し、若しくは陳列してはならない。
二  有毒な、若しくは有害な物質が含まれ、若しくは付着し、又はこれらの疑いがあるもの。ただし、人の健康を損なうおそれがない場合として厚生労働大臣が定める場合においては、この限りでない。

また、ふぐ調理師に関する条例では毒性部位の廃棄処理方法について行政毎に詳細に定められていますが、家庭での処理方法については、少なくとも食品衛生法ではどこにも記述は見られませんでした。

要は、「販売目的ではアウト」っていう表現のみで、各行政のホームページでも「素人の自家調理は危険です!」みたいなことしか書かれていません。
無闇に「違法ではない」と言ってしまうと、調理する人が現れて被害が増える恐れがあるため、脅し文句であえて濁しているように見えます。

とはいえ、自分だけで勝手に逝くならまだしも、家族や知人を過失致死に巻き込むほか、それによって過失致死傷罪(執筆時は親告罪)等に問われる可能性もありますからね・・・。
フグ調理士の資格を持つ板前でさえ、客にせがまれて渋々出した肝で死んだ事件では有罪判決が出ています。(八代目坂東三津五郎|フグで中毒死した著名人|Wikipedia

何がなんでも自分で捌きたいというのであれば、自分しか食べない・自己責任でやるしかないでしょう。
これについては、下記リンクのブログの内容が非常に面白くて説得力がありました。

黄泉送り 『ショウサイフグのヒレ酒』|孤独のジビエ
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/blog-entry-223.html?sp

「天然トラフグの捌き方とフグ毒の基本知識」への1件のフィードバック

  1. ショウサイフグのヒレ酒は
    食用提供禁止です。

コメントを残す

CAPTCHA