floating-fish-grip (4)

水に浮くフィッシュグリップ PS-Aストレート (フローティングタイプ)のインプレッション

フィッシュグリップ PS-Aストレート(フローティング)を¥ 1,380で購入。

バスフィッシングでは使ったことなかったんですが、いざ海釣りを始めようとすると、ヒレや歯など体や口の突起物が鋭い魚は迂闊に触れないなーと思って魚のアゴ掴み機「フィッシュグリップ」を買ったわけです。

魚のアゴを掴むやつって色々種類があってどれ買おうか悩んでたんですけど、水に浮くフローティングタイプを見つけたので即決で買いました。

落とした時の事を考えてフローティングキーホルダーとか落下防止のヒモを付ける必要もないので楽かなーと思いまして。

floating-fish-grip (1)
全景

写真だと全長が22 cmくらいに見えますけど、実際には21 cmです。

先端を開閉するためのスライドは物凄く軽くて楽です。頑張れば小指1本でも開閉できるくらいです。

floating-fish-grip (2)
先端部分をMAXまで広げた状態(26 mm

floating-fish-grip (4)

floating-fish-grip (5)
シャフトとグリップスポンジの接合部

接着剤がはみ出てました。機能に差し支えは無いんですけど不細工なのでちょっと気になりました。

それから、グリップエンドのヒモについてるバネの入った丸いやつ。
これ、ボタン押したまま引っ張り続けるとそのままヒモから外れてしまってなかなか元に戻せなかったので、ノットで抜けないようにしました。

本当に水に浮くのか、試してみた

自分で試してみないと気が済まないので、実際に真水に浸けて確認してみました。
ちゃんと浮きました!

floating-fish-grip (3)
グリップの部分が浮力体になっています。

写真だと水面の位置が分かりにくいんですが、ほぼバケツすれすれまで水が張ってあります。グリップエンドを3 cmくらい水面に出して浮かびました。(疑ってごめん)
海水の方が比重は重いので、海水でも間違いなく浮きます。
水に浸けたまま10分くらい放置してみましたが、浮き具合が変わったり沈んだりすることはありませんでした。

仮に落としても、グリップエンドに付いてるロープが水面に出ているので、釣り針なんかで引っ掛けやすいと思います。

コメントを残す

CAPTCHA