murata_hajime_1banikeda

ジムこと村田基さんの面白いマシンガントーク(1BAN池田にて)

ジムこと村田基さんの登場する動画をyoutubeで漁っていると、具体的なノウハウやHow toに限らず魚釣りにまつわる話がどれも面白い!
ということで動画をご紹介。

動画は、エサ一番とルアー館がひとつになり大阪府池田市神田にグランドープンした1BAN池田(フィッシングエイト/フィッシングイチバン)に村田基さんが訪問し、店内を歩き廻りながらフリートークした時の様子。(2010年11月6日, 2010年12月20日アップロード)

動画は前半・後半に分かれていて、釣りのテクニックよりも主に製品(特にシマノ製品)について語っています。

フィッシングイチバンに村田基さんご来店①前半.wmv

トップルアーコーナー

  • 基本的にバストップルアーを下から食いあげる。後ろから追跡している時は大体食べない。

  • 奥に投げてキビキビ動かしてリアクションで食わせる。

  • ポップ音はベイトの逃げ回るボイルのスプラッシュ音と、ドンッドンッという捕食音を使い分ける。

プラグコーナー

  • スミスウィックボーマーラパラといったアメリカ製品はディテールが綺麗ではない。けど世界的に売れている。

  • 日本のルアーは作りもいいし釣れる。けど「エサっぽい」と思われていて、世界では売れていない。

  • シマノとかダイワとか日本製のリールは世界でも売れている。

  • でもトーナメント志向で”パッキンパッキン”に作られた日本のロッドは弱いから売れていない。

ゲイリーワームコーナー

  • ゲリヤマはスーパーグラブからスタートした。

  • 昔は大人気で取り合いで、日本に輸入される半分は潮来釣具センターに入荷していた。(あっ、俺の店だ)

  • 今じゃうちよりこっちの方が全然多い。

バスワームコーナー

  • ロボワームが置いてある!パッケージも懐かしい!!

  • グリーンパンプキンカラーって今はすっかり定番になってるけど、実は俺の特注カラー。最初はスライダーワームでパンプキンカラーを作らせて、それに緑、赤、緑を足したりしたのが始まり。(パンプキングリーン、パンプキンレッド、パンプキンブルー)

  • ナチュラルプローブルーも俺が作らせたカラー。たまたま配合をミスって「俺が思ってた色と違う!」と思ったけどそのままリリースしたのが始まり。

  • どういうシーンで何を使うべきか。宣伝も混ざってるから雑誌とかテレビのテクニックは鵜呑みにしちゃダメ。その場で自分でイメージすることが大切。

リールコーナー

  • シマノリールのPGは関西向けに売られてて、HGXGは関東で売れている。

  • そもそもスピニングリールは余った糸を巻くものだから、パワー云々ではなく早く巻ける方がいい。

  • シマノにステラを作らせたのは俺。「ハイスピードのリールが欲しい」ってことで作った。

  • 北海道にメーター級のタラを釣りに行ってステラ8000を使ったけど、根魚はベイトリールの方がやりやすいってことで最終的にカルカッタ コンクエスト300にワールドシャウラ1704Rのベイトで釣った。
    10.5 kg、12.6 kgの2本を釣った。(魚種格闘技戦に収録)

  • ワールドシャウラ(15103R-2)では25.4 kgのアカメも釣ってる。

  • アナログのアンタレスでは飛距離82.5 mDC7では111.25 mの遠投記録を持ってる。

  • (2010年時点)この性能は簡単に超えれないから、新型のフラッグシップモデルのリールは当分出ない。出る予定がある時は「言えないよ~。口が裂けても言えない」と言う。

  • 管釣りでステラ1000PGSは要らない。関東ではC2000HGSがキテる。
    なぜかというと、昔は2 lbs.、3 lbs.ラインだったのが、大きい魚がいるところでは3 lbs.、3.5 lbs.、4 lbs.が多く使われてメインが4 lbs.になっている。
    ステラ1000PGSは3 lbs.で100 m、ステラ2000はHGSは4 lbs.で100 m巻きのラインキャパシティー。
    1000番と2000番、関東では昔1:9くらいだったシェアが今では5:5まできている。

コメントを残す

CAPTCHA